ソーラー実証農場視察に行ってきました


7月10日(水)11:00~ 視察と説明会に行ってきました


現地:市原市皆吉61

当日は、私達市民ネットの仲間だけでなく、東京・茨城・名古屋からの
参加者もいっしょでした。
日差しの照りつける中、1時間ほど説明を聞いた後、質疑応答をしました。
熱心な質問に熱い思いの応答が聞かれました。

作物は、ずっと日向でなくても大丈夫。むしろ、かんかん照りは、嫌いだそうです。
作物に必要な太陽光は2/3、残りの1/3は、発電に使うというのがベスト。
パネルの幅は、2セルが最適で広幅だと風圧を受けやすく
雨だれの量が多くなるのが問題だそうです。
メガソーラーと比較しても発電量に遜色はないとのこと。

このシステムを普及させるには、投資資金の調達、特殊パネルの調達、
保険問題、設備の耐久性などまだまだ課題は多そうです。