市内に急増中の残土・再生土の埋立現場をいちはらネットの、環境部会で視察しました。


IMGP3954HPIMGP3962

市原小学校に隣接する 武道館の目の前にある残土処分場。遠くに見える屋根は武道館です。

IMGP3942DSCN7737

福増焼却場に近い現場 再生土(改良土)が壁のように高く盛られています。

残土は建設工事で発生し、利用されず余った土砂です。再生土は厳密にいうと土ではありません。ものによってはトンネル工事等のため土に薬剤等を注入した水分の多い泥土を脱水固化剤などで中間処理して土砂状にしたのものも含まれます。産廃不法投棄なら法律で罰し、残土には事前の申請で規制をかけることができますが、再生土に対応する法律も条令もないので事前チェックができないのが現状です。

県議会・市議会でも埋立開始前に厳しくチェックできる条例の制定を目指して、声を上げています。