市内の福祉施設を訪問


福祉部会では、現場を知るため3つの施設を訪問しました

社会福祉法人 鶴心会  特別養護老人ホーム「トータス」
 6月25日訪問
 市原市鶴舞559‐1  定員50床  2006年7月1日設立
◇ 要支援、要介護の方が入所やデイサービスを受ける施設です。

鶴舞にある美しい自然の中に見事に調和した施設です。食事も施設内で作られていて家庭的な雰囲気で施設内も明るくて、各フロアには中心にキッチンもありその場で洗い物も出来たり、会話が弾みそうな空間がありました。
いずれやってくる老後をこんな施設で過ごしたいな…と思える施設でした。

            
    デイサービスセンター              げんき館施設内
(鶴舞温泉 げんき館)

NPO法人ゆう 地域活動支援センター 「福祉ハウス ふわふわ」
 6月28日訪問
◇2002年頃から精神障がい者の地域活動を支援する共同作業所として活動を開始し、2010年NPO法人に移行しました。
2か所で活動を行っています。
◇地域活動支援センター  市原市八幡1010-2   封入れなどの作業、昼食づくり。
◇ショップ 市原市市原市八幡959 築120年の民家を借り、中古自転車の修理と販売。

八幡宿駅近くにある、「福祉ハウス ふわふわ」の利用者さん20数名で、中古自
転車 を修理し販売したり、チラシのポスティングや封入れなどの作業を行ってい
ます。
市民ネットでも「市民ネットワーク通信」のポスティングを年4回お願いしています。
代表の西川さんを中心として、指導員の皆さんと利用者さんが一緒になって温かい 居場所を作っていました。

            
センター                   築120年の民家を借りたショップ

社会福祉法人 佑啓会 「ふる里学舎 地域生活支援センター」
 7月7日訪問
   代表の松橋さんにお話しをうかがいました。
市原市今富1110-1 2008年4月1日開所
◇センターの仕事は、障害者就業・生活支援センター事業、千葉県・千葉市障害児者支援事業、第1号職場適応援助者(ジョブコーチ)事業などです。

障害者就業・生活支援センターは、障がいを持つ方々の就職や職場の定着に向けて、関係機関との連携を図りながら、就職及び、それに伴う生活面の支援を一体的に行うところです。これまでの、3~5年で112~113名を就労に結びつけ、就職先の企業は50~60社になるとの事です。
企業に出向き障がい者の方に仕事を教えたり、周りの人達に障がいの特性をお話して理解してもらえる様に働きかけたりしています。
その役割を担う人をジョブコーチと呼びますが、ジョブコーチになるには条件もあり、研修も受けなければならないので数が不足しています。


ふる里学舎