市原市議会議員 森山かおる

森山かおるブログ  薫のよもやま話

ありのままの姿を認め合う社会へ

私には障がいをもつ子どもがいます。千葉県特別支援学校PTA連合会の会長を2年間務め、教育・福祉・医療の問題に深く関わるようになりました。

特に福祉と医療は誰もが直面する問題であり、親の介護も経験してきたことから、その連携の必要性を強く感じています。市民ネットの活動に携わるようになって、これまで以上に当事者ならではの声を市政に届けたいと思うようになりました。

人の価値は能力や生産性だけで決められるものではありません。高齢者も子どもも、障がいがあってもなくても、大切な社会の一員です。全ての人がありのままの姿を認め合う社会づくりに取り組んでいます。

森山かおる

森山かおる プロフィール

1963年 大阪府枚方市生まれ
1985年 帝塚山大学教養学部卒業
電気設備会社に勤務
2006年 大阪府河内長野市立長野中学校PTA活動(教養部・広報部)
2011年 千葉県特別支援学校PTA連合会 会長
2014年 市原市肢体不自由児者父母の会 理事
いちはら市民ネットワーク 副代表
2015年 市原市議会議員 1期目に当選
Q.  モットーは
A. 創意工夫とチャレンジ、好奇心旺盛です。

Q.  家族構成は?
A. 夫と重度の障害をもつ息子との3人です。

Q. 好きなことは?
A. ロックを聴きながらドライブ、人間ウォッチング、人としゃべること

Q. PTA活動で感じたことは?
A.
協力、支え合いの大切さでしょうか。学校は親にとっても学びの場でした。

Q. 得意なことは?
A. 珠算1級、ヘルパー2級を持っています。学生時代は能楽部に入り、薪能に出演しました。

私が実現したいこと

女性 意志決定の場にもっと女性を

  • 防災や都市計画などにも女性の目線を取り入れます
  • 市の審議会委員や管理職に女性を増やすよう働きかけます

議会改革  大事なことは市民が決める

  • 議会の情報公開を進め傍聴の機会を増やします
  • 党・会派にとらわれず議員同士の議論を深めていきます

医療・福祉   住み慣れた地域で安心して暮らし続けるために

  • 地域医療・救急医療・災害医療の体制を充実させます
  • 障がい者の親として当事者の願いを実現させていきます

子ども・教育 子どもが輝く社会へ

  • 障がいをもつ子どもの教育環境を整えます
  • 保育現場で働く人を支え質の向上を目指します

環境 安心を次世代に手渡すために

  • 放射性廃棄物の処分場建設に反対します
  • 再生エネルギーの拡大で脱原発社会を進めます

まちづくり 誇りと愛着をもてるまちに

  • 上総国府など日本に誇れる文化遺産を守り次世代につなげます
  • 老朽化した公共施設の統廃合や改修は市民参加で進めます