衆議院選挙 歴史が動いた!


衆議院480議席のうち、過半数を大きく上回る308議席を民主党が獲得し、対する自民党議席は119議席。(なんと救急車を呼ぶ119番といっしょ!!)
誰もが寝不足になりながら、驚きと期待の中で、開票速報に釘づけになった。

政権交代はいいことだ
 二人羽織の黒子のように政治家を操ってきたお役人主導の政治のからくりが暴かれるだけでも意味がある。
民主党もこれだけ劇的に大量議席を獲得したら、もはや絆創膏を貼るだけの政策変更だけでは国民を納得させられない。

改革はこれから!
 いよいよ「改革」がスタートする。
私たち市民ネットは、社民党には、平和・護憲で踏ん張ってほしいと強く願って、比例区では社民党も推薦した。(年金、環境、教育等の学集会でいつもお世話になった保坂展人さんが落選したのはほんとに悔しい。)
新政権は社民、国民新党と何とか折り合いをつけて政策実現に邁進してほしい。官僚天下り財団や法人の見直し、八ッ場ダムの凍結、母子加算の復活など、早速国会が動き始めている。

市民ネットワーク千葉県でも予算要望書の見直し
 市民ネットは、例年この時期に次年度予算要望書を県・市に出しているが、今回は県・市自治体予算編成でも大きな変化がありそうで、要望事項の吟味にとりわけ時間をかけている。
嬉しい変化は大歓迎。しっかり検証し地域に根ざした提言をしていきたい。

山本友子