「通信113号」秋号ができました

市民ネットワークでは暮らしに身近な課題をテーマにいろいろな講演会を開いています。1面では特に関心の多かった講演会の案内を特集しています。
市原市姉崎で在宅医療に携わっておられる五味先生の講演会では300人の席がほぼ満席になりました。
災害に備えてどう子どもを守るか「防災ママカフェ@いちはら」では小さなお子さん連れのパパママの多くの参加がありました。

これからも多くの方々と共に学び考える機会を作っていきたいと考えています。どうぞご参加ください。

「通信112号」夏号

「女性活躍推進法」が制定され、子育て支援や女性の働き方改革に注目されています。
今回、市原市で活き活きと働く女性を紹介します。
市議会からは路線バスの問題、学校教育に関する課題を報告します。
県議会からは介護医療院制度・児童虐待防止、管理型処分場計画を取り上げました。

「通信111号」初夏号

1面では公立学校教育にかかる費用について調査しました。憲法26条の2項で「義務教育は無償」とするとしています。公立小中学校では授業料と教科書は無料ですが、実際は制服・体操服・ランドセル・算数セットなどを購入しなければなりません。保護者の方にどう感じているのかお話しを聞きました。

「通信110号」

いちはら市民ネットワークの県議の山本友子 市議の小沢みか、森山かおるが今年の抱負をお伝えします。環境問題・医療福祉問題など課題は山積みですが、次世代への誇れるまちづくりをめざして、、皆さんと共に頑張っていきます。本年もよろしくお願いします。

山本友子の県議会報告  NO5

12月議会での質問を中心とした報告です。1面は今、市原で医療危機が懸念されている鶴舞にある病院を取り上げました。
「地域を守れ!千葉県循環器病センター」 2面では夜間定時制高校の給食問題  3面では再生土埋立条例について  4面では 糸魚川のジオパークを取り上げ、市原のチバニアンをどう活かしていくかを考えます。

通信109号

市原市内には地域医療拠点として3つの病院があり、各々大きな役割を果たしていますが、南市原の地域医療を担う千葉県循環器病センターが医師不足の危機に瀕しています。その問題点を1面にて取り上げました。

通信108号

市民の財産、公共施設のこれからを特集しました。現在、市内にある190の公共施設のうち、築30年以上は64%あります。老朽化に伴う施設のあり方は重要課題です。人口が減り、財政状況が厳しくなっても生活が不便にならないように、計画的に統廃合や改修を進めていかなければなりません。現在浮上している主なハコモノの動向を取り上げました。

通信107号

市民活動センター閉鎖、公共施設利用料値上げの一方で 市役所の建て替え案が浮上しています。6年前の大震災の後、市役所の耐震強度が足りないという理由で緊急に決まった、現在建築中の「防災庁舎」。ところが今年になって突然、市役所も建て替えたいという話が浮上しています。
この市役所の新築案について特集しました。詳細は2面の森山かおるの意見陳述でもお伝えします。

山本友子の県議会報告 NO4を発行

2月議会での質問を中心とした報告です。1面では人生の最期を家族に見守られながら自分の家で迎えるという在宅医療とその訪問看護について。2・3面では京葉コンビナートの防災と危機管理体制、千葉県の林業振興と森林税の導入について。4面では現在建築中の防災庁舎のことと、いきなり示された市庁舎建て替え案について報告しました。市役所の在り方から問いなおします。

通信105号

私たちの水が危ない!

東京や神奈川で発生する建設残土のほとんどは房総半島に持ち込まれています。建設現場から出る汚泥や泥土は再生土や改良土と称していますが産業廃棄物です。市原の近隣市町は県条例をさらに厳しくした条例を持っているので、規制のゆるい市原がねらわれています。
市原市の環境を守るために市原の水を守るために 問題の争点を取り上げました。

通信103号

「貸本」だけではない  市原の知の拠点 図書館を考える。

全国の自治体で図書館が変わり始めています。本来の「貸本」や「調べもの相談」行うだけでなく、施設のスペースにカフェを併設し、借りた本を持ち込んでくつろぐことができる図書館など、新たな居場所として活用されている図書館を紹介します。市原の図書館の在り方をご一緒に考えましょう。

山本友子の県議会報告 発行

山本友子の県議会報告
12月議会での質問を中心とした紙面内容です。情報公開、医療福祉、教育などについて質問内容、文教常任委員会での、高校再編、教科書問題、いじめ対策、また18歳からの選挙権に備えての政治教育の在り方などについてお伝えします。