通信103号

「貸本」だけではない  市原の知の拠点 図書館を考える。

全国の自治体で図書館が変わり始めています。本来の「貸本」や「調べもの相談」行うだけでなく、施設のスペースにカフェを併設し、借りた本を持ち込んでくつろぐことができる図書館など、新たな居場所として活用されている図書館を紹介します。市原の図書館の在り方をご一緒に考えましょう。

山本友子の県議会報告 発行

山本友子の県議会報告
12月議会での質問を中心とした紙面内容です。情報公開、医療福祉、教育などについて質問内容、文教常任委員会での、高校再編、教科書問題、いじめ対策、また18歳からの選挙権に備えての政治教育の在り方などについてお伝えします。